ふわっち配信の画質について


「これが!綺麗か!?普通だよね(((*≧艸≦)ププッ」

こんなふうに感じたら……この2点をチェック。

  1. とくにスマホの場合は画質設定を「最高品質」に
  2. 4K撮影だが、ふわっちでは解像度「最大1280×720(HD)」
  • YouTubeのような高画質はちょっと難しい
  • 動画と配信は回線などの条件が違う
  • 映像データは2K・FHDにダウンコンバート

<画質(高 ⇒ 低)>
4K・UHD(撮影)⇒ 2K・FHD(編集映像)⇒ HD(ふわっち視聴)

4Kを2Kにするわけ

せっかく4Kで撮影した映像を2Kにダウンコンバート(画質を落と)しているわけは、こうだ。

4K映像は重い。そのため、配信時にコマ落ち(コマを飛ばして映像がワープ)してしまう。音が飛んだり、カクカクした映像になったりしてしまう。快適に映像を見てもらうために、こうしている。

なお、4K映像を最大限楽しむには、観る側も4K対応の映像デバイス(テレビやモニタ)が必要になる。そうでなければ、4Kを2Kにダウンコンバートしても、十分綺麗ではないだろうか。

で、そもそも4Kって何?

これは画像の解像度のことだ。解像度とは、映像の範囲にある粒(ピクセル)を表したもの。これがたくさんあるほど高解像度。

  • 4K(UHD)=3840×2160 pixel
  • 2K(FHD)=2048×1080 pixel
  • ハイビジョン(HD)=1280×720 pixel

Kは「1000」。「4K」というのは、解像度の長編のおおよその数を示している。