人類を蝕む呪い…『文字禍』中島敦|朗読 #006

人類を蝕む呪い…『文字禍』中島敦

ゲシュタルト崩壊とは、全体を認識する能力を失う現象。人類は、文字によって、文化を繁栄させた。さて、文化は人類に本当に幸福をもたらしたのか? 文字の霊による、人類への呪い。(22分)

↓ネタバレ

“人類を蝕む呪い…『文字禍』中島敦|朗読 #006” の続きを読む

羨望のサムライの…『形』菊池寛|朗読 #004

羨望のサムライの…『形』菊池寛

「文春砲」「芥川賞」「直木賞」で知られる文藝春秋。この出版社は、菊池寛が創業した。「文学」と「エンターテイメント」の両刀使い、菊池寛の切れ味の鋭い短編。(6分)

猩々緋の服折:真っ赤な陣羽織。猩々(しょうじょう)とは能などに登場する、真っ赤な頭髪の架空の生き物。なんとなく見たことがあるかもしれない。

唐冠纓金の兜:唐冠とは、中国の唐代の身分の高い者がかぶる帽子。纓(えい)と呼ばれる突起が左右に出ている。おそらく黒のヘルメット状の兜で、金色の纓が左右から出ている。

人間の欲望と…『魔術』芥川龍之介|朗読 #003

人間の欲望と…『魔術』芥川龍之介

「ハッサン・カンの魔術を習おうと思ったら、まず欲を捨てることです。あなたにはそれが出来ますか。」芥川が、読者にかけた魔術。その日は、雨が降っていた……。(22分)

↓ネタバレ

“人間の欲望と…『魔術』芥川龍之介|朗読 #003” の続きを読む