文豪のホラー…『夢十夜 第三夜』夏目漱石|朗読 #005


「六つになる子供を負(おぶ)っている。たしかに自分の子である。ただ不思議な事には……」

※目の不自由な方が不快になるような表現が含まれています。